ワーカーズアクション in MIYAGI

世界は革命情勢! 労働運動の力でサミット粉砕! 革命やろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Workers Action news 第一号

今後、ビラに加えて「Workers Action news」を発行します。以下、記事の紹介です。


米軍による少女暴行事件弾劾!
 2月10日、またしても米兵による沖縄の少女暴行事件が起きた。許しがたいことに、政府は「これが3日前だったら岩国市長選で基地反対派が勝っていた。岩国のあとで良かった」などと言っている。ふざけるのもいい加減にしろ!
 ブッシュ、そして福田は、一体、少女の存在を何だと思っているんだ! イラク侵略戦争で15万人のイラク人民を虐殺した米軍は、帰還したら国内で殺人や強姦などの犯罪(2千件を超える)をおかしている。今回の事件は「米兵1人の倫理観の問題」では断じてない。「人間を虫けらのように殺せ」と毎日訓練している米兵と隣り合わせに生活することの異常さ、戦争と人間が共存できないことの証明だ。イラクで起きていることが、沖縄でも起きたということだ。
 そもそも沖縄の米軍基地は、日米帝国主義によって常に侵略戦争のために使われてきた。復帰してもその現実はまったく変わっていない。沖縄では基地によってずっと労働者の命が脅かされてきた。こんな基地は撤去以外にはない!
 いまブッシュ・福田が恐れているのは、95年の少女暴行事件に対して8万5千人が決起した怒りが、再び爆発することだ。すでに沖縄は、教科書からの沖縄戦抹殺、集団自決の削除に対して、昨年9月12万人の闘いが爆発している。もはや沖縄の怒りは抑えることなどできない。
 3・16、世界の労働者階級の闘いで米軍基地撤去―イラク戦争をぶっとめよう!
北教組が1万5千人の大ストライキ!
北教組に続いてストで闘おう!


 1月30日、北教組が1時間のストライキに立ち上がった。じつに24年ぶり、小学校1091校、中学校584校、総勢1万5千人という規模だ。査定昇給(成果主義賃金)制度導入に対する労働組合の団結したストライキだ。査定昇給制度は労働者を分断し、職場の団結を破壊することに、その狙いがある。これを団結でぶっ飛ばしたのだ! 既存の体制内労働運動(連合や全労連)は査定昇給と闘わないどころか、資本・当局と取り引きし、組合本部が現場の怒りを押さえつけ、団結を破壊し、リストラの先兵になっている。
 しかし北教組は、道教委による大量処分という恫喝が激しく加えられてもそれをはね返して、ストライキを闘うことで団結を守りぬいたのだ。このストはほとんどが初めて経験だった。しかし、このストで青年労働者は生きいきと興奮を語っている。しかも、これは根津さんへの「君が代」不起立を口実とした解雇攻撃に対する怒りと完全に一体のものとして闘われた。28日には沖縄で、昨年9月の12万県民大会を実現した沖縄高教組・沖教組が中心になって、教科書検定の撤回まで闘いぬく決起集会が打ちぬかれている。
 教育現場で何が起きているのか
 一ヶ月に100時間以上の超過勤務は「当たり前」になり、自宅への仕事の持ち帰りは常態化されている。子どもたちを治安対象としてテスト漬け、部活漬けにし、教育労働者は土日もテストの採点、部活に追われる。これでもかこれでもかという大量の不必要な事務書類の山に忙殺される毎日。土日も夏休み・冬休みもない。
 心身ともにボロボロになって病気休職に追い込まれる教育労働者は後を絶たない。50代以上の教育労働者はドンドン自己退職し、青年労働者も離職率が激しい。昨年秋には、20代女性の教育労働者が、病気休職から復帰して1年も経たないうちに、家族にSOSメールを告げて「自殺」するという事件も起こった。すべてのしわ寄せが青年労働者に押し付けられている。そうやって行われる教育は、愛国心教育と徹底した競争教育だ。
 いまや学校がおかれている状況は、日本でもアメリカでも一緒だ。「すべての金がイラク戦争に注ぎ込まれ、子どもたちは打ち捨てられている。校庭が下水であふれ、ねずみだらけになっている」(オークランドの教育労働者)。これが世界一の大国・アメリカの公立学校の現実だ。それどころか、ブッシュ政権は「落ちこぼれゼロ法」をつくって、高校に軍の募兵官を配置して「徴兵制」を行っている。
 ストで団結取り戻そう!
 まさに、いまの学校では教育労働者も、そして子どもも「生きていけない!」「殺される!」のだ。すべては、査定昇給制度によって教育労働者の団結が壊されてきたからだ。これをぶっ飛ばすのは、教育労働者の団結しかない。北教組のストライキこそ、教育労働者と子どもたちが生きていくための闘いだ。
 北海道―東京―沖縄(そしてアメリカ・韓国)の怒りが一つになった。文部科学省をぶっ飛ばし、福田政権打倒へ向けた火柱が燃え上がった。北教組のストライキに続こう! 沖縄の闘いに続こう! 「君が代」不起立で闘う根津さんの解雇を阻止し、根津さんに続く不起立で闘おう!



「君が代」不起立での解雇許すな!
根津公子さん講演会
日時:2月23日(土)午後2時~
会場:みやぎ婦人会館 (青葉区錦町1丁目1-20)
講演:根津公子さん (東京・町田教組)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://workersaction.blog108.fc2.com/tb.php/38-ed30d469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。