ワーカーズアクション in MIYAGI

世界は革命情勢! 労働運動の力でサミット粉砕! 革命やろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロサンゼルス統一教員組合アーリーン・イノウエさんからのメッセージ

A Message of Solidarity
 3・16集会連帯メッセージ

The Coalition Against Militarism in our Schools (CAMS) is a coalition of students, teachers, parents and community members working together to demilitarize public schools in the United States and particularly Los Angeles, and to present peaceful and humane alternatives.
 CAMSは、平和で人間的な世界を目指し、アメリカ、取り分けロスアンゼルスにおいて、公立学校の非軍事化のために共に活動する生徒、教師、保護者およびコミュニティーの連合体です。

We are in solidarity with workers and students in Japan as you protest war on Iraq, Afghanistan and Iran!
 私たちは、イラク、アフガニスタン、イランへの戦争に反対する日本の労働者・学生の皆さんと連帯して闘います。

And as sansei, I am proud of the anti-war and peace movement in Japan, and in particular the courageous students who are speaking out. Thank you for showing the world that you are not passively accepting the status quo of privatization, militarism, globalization and the top down government controls on education. You are doing the important work of mobilizing the working class against corporate and special interests. Thank you for understanding how critical and important it is that you take a strong stand and organize.
 わたし自身、日系三世として、日本における反戦・平和運動、とりわけ、ずばりと物を言う勇敢な学生たちをとても誇りにしています。皆さんの闘いは、民営化、軍国主義化、グローバリゼーション、そして政府によるトップダウンの教育支配という現状を、決して受動的に受け入れなどしないということを世界に示していく素晴らしい闘いです。そして、確固たる立場に立って組織化をしていくことが如何に重要であり決定的かを踏まえ、企業とその特権的な利害に反対して、労働者階級を組織化していく重要な闘いでもあります。

Here in the United States, there is an active student movement against the war, and countering the military in our high schools and colleges in the larger cities. The movement is growing and there are hundreds of groups and thousands of students across the nation organizing and united to oppose the neoconservative agenda, endless war, and oppression.
 ここアメリカでも、大きな都市の高校・大学において、戦争に反対し、軍国主義に抗する活発な学生運動が展開されています。この運動は全国に展開し、数百の闘うグループと数千人の学生が参加して、新保守主義の諸政策、終りなき戦争と抑圧に抗し団結して闘っています。

We recognize that integrated into the fabric of the Japanese society, are traditions and a structure that makes change difficult. But Japan should not follow the United States on a path of fear, war, union busting, and inequality through privatization and corporate wealth that has disastrous consequences. We must not be silent, because we know it is the wrong way!
 日本の社会構造に内包する伝統や組織を変革することは、容易でないことは充分理解しています。しかし、恐怖と戦争、組合破壊、そして民営化と肥え太る企業の下での格差拡大という惨憺たる結果を招いている「アメリカ」の道を進んではなりません。間違いを知っていながら、沈黙することは許されません!

Gambatte! Brothers and sisters in Japan. We are united with you.
 日本の兄弟姉妹の皆さん、ガンバって!私たちは皆さんと共にあります。

Solidarity Always,
 代わらぬ連帯を込めて、

Arlene Inouye
Coalition Against Militarism in our Schools (CAMS :学校の軍国主義に反対する連合)
www.militaryfreeschools.org
アーリーン・イノウエ
CAMS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://workersaction.blog108.fc2.com/tb.php/42-906ccebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。